無染土畳表を使って お遊びゴザ

0
    おもて替えをさせていただいたお客さんのおうちでは、

    元気!なチビちゃん達が、元気!!に畳の上で遊ぶそうです。

    うれしい事です。


    ならば、と



    畳のガード用に安心なゴザをプレゼント。



    畳表 酒井農産  無染土畳表 麻・綿 2本糸織り

    畳縁 高田織物  キッド  紫・楽器

    農作業用 日除けゴザ 作ってみた。

    0
       

      親戚のオバちゃんから変わった依頼が舞込みました。

      「近所の友だちに頼まれてね、ゴザで出来た背負う日除けって作れない?」 って。
      むむ! 作れるか?と 問われれば
      職人としては 「 できない 」 とはなかなか言えないトコロです!。

      なーんて、
      実は 「背負いゴザ(仮名)」 は前々から作ってみたかったモノでした。

       農作業って、しゃがんだり前かがみがけっこう多くて
      炎天下ではかなり背中が暑いのだそう。

       昔の方はわらで作ったミノとかムシロとかを背負って作業をしていた
      という話しを耳にしたことがあったんです。正式な名前はわかりません・・。

       で、あまり重いのもなんだろうって事で
      ウチの定番、園田さんの畳おもてから5番の端切れを用意して
      (もったいナイのでハンパも残してあるんデス・・)
      ゴザミシンに向かう。

      できました!
       ↓ こんな感じ。

      仕上がったらやはり試してみないとネ・・・。
      装着!!
      ・・・・・、こんな感じに・・。(^^;


      実際の使用スタイルはこんな感じとなるわけで・・・。(汗

      ・・・・、失笑が聞こえる気が・・・。

      いや、でも喜んでいただけたんですョ!
      ホントですって!

      畳おもて  園田さん S5

      畳ヘリ   高田織物さん HANA香織 ピンク 黄色


      お仏壇前に経机用のゴザをおきたい

      0
         

         お仏壇の前って意外と痛みやすいですね。毎日、同じ所で手を合わせますもんね。

        それと、お仏壇につき物なのがお線香。畳には、これがけっこうくせ者なんです。

        火の付いたお線香が畳におちて、焦げを付けてしまう、という話しはよーく耳にします。



         先日、 仏間の畳替えをさせていただいた際も、しっかりと焼けコゲがありまして。
        色々と御世話になったお施主様でしたので、お礼に経机にピッタリサイズのゴザを
        差し上げよう、と思いたちゴザミシンをセット。

        できました。



        経机を載せていただくと、お線香がポロリとしても時間稼ぎにはなります。
        ※(火事の原因ですので、くれぐれもご注意下さい!!)


        お仏壇の前なので、雰囲気の出る畳べりが良いかな、と新しい畳縁にチャレンジ。

        高田織物さんの新作です。

        下 「織部 」

        上 「九条 紫 」

        畳おもて 酒井農産 無染土表


        アーガイル柄 うすべりゴザ

        0
          ゴザを二枚作って、とのご注文。

          「畳のへりはおまかせでね」って・・!!責任重大。


           プレッシャーを感じつつ、先日試験的に仕入れてみた新しい柄の畳べりが脳裏に。

          使ってみよう、とミシンにセット。


           高田織物さんの新作 「今様(いまよう)」シリーズ。

          アーガイル柄で、色使いはかなりモダン。

          どらどら・・、おお!けっこう畳おもてと似合う!

          これは意外な発見。つけてみないとわからないものだ。



          頭は常に柔らかくしておかないといけない、と反省。

          床の間ゴザ 龍鬢表 大目

          0
              近頃は床の間にゴザを使うことは少なくなりましたが ( ゴザ床 と呼ばれます)
            それでもたまにあります。
             
             そんなゴザ床に使われる「床の間ゴザ」には2種類ありまして
            お茶室でない場合は、飾り畳用の 「龍鬢表(りゅうびんおもて)」 が使われる事が一般的です。

             「 龍鬢表 」 とは、畳表に織る前のイ草を天日にさらして焼け色に仕上げたあと

            イ草の丸い形が残る程度の目積まり具合で織り上げた 
            とっても見た目の良い畳表です。

             なぜ焼け色にするのか?というのは諸説ありますが

            花瓶などの飾り物の跡がつかない為に、というのがよく言われています。

             この飾り畳専用の龍鬢表にも種類があり、今回のご注文は「大目」と呼ばれる品。

            畳表の一目が3.5僂鯆兇┐訛腓な目なんです。
             
















            普通の畳表はだいたい 1.5僉D名錣領愚Δもてで約 2.5僂任后

            私も30年を超える無駄なキャリアがありますが(汗

            はじめて使います。
             

            使うヘリは紋縁(もんべり)。寺社、仏閣で使われる格式の高いもの。

            今回は黒地に白紋。

            広島で織られたキレイな焼け色の龍鬢に とても良く 映えています、でしょ?
             

            畳データ

            畳おもて 龍鬢表(りゅうびんおもて)大目 熊本イグサ 広島織り 

            畳ヘリ  中紋 黒地 白紋

            畳台   板床


            1

            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << August 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM